ワードプレステンプレートALPHA(アルファ)カスタマイズの基本

ワードプレステンプレート「ALPHA(アルファ)」の基本的なカスタマイズ方法についてご紹介しています。細かいカスタマイズをする前に、この基本をしっかり押さえておいてくださいね。

ららです。


ワードプレステンプレート「ALPHA(アルファ)」は、私のお気に入りのテンプレートです。
デザインのセンスもさることながら、ALPHAは、カスタマイズに関しても最新のやり方を取り入れています。


それだけに、今までとは違って、ちょっとわかりにくいんですよね。


私がこれまでに勉強して理解した、ALPHAのカスタマイズの基本をご紹介します。
これを覚えておけば、1人でスラスラカスタマイズできる日も、近いかもしれませんよ^^


ALPHAは親テーマと子テーマに分かれている

ALPHAは、親テーマと子テーマに分かれています。


  • 親テーマは本体
  • 子テーマは、あなたが自由に書き換えていい部分

と理解するとわかりやすいです。

親テーマは本体ですので、
テンプレートがバージョンアップされた場合は、親テーマが書き換わります。

親テーマに直接カスタマイズをしてしまうと、
バージョンアップ時に上書きされて消えてしまいますので、
カスタマイズは子テーマに対して行います。

子テーマはそのまま残りますので、
バージョアンアップしても、あなたのカスタマイズが消えません。

そういう構造です。


書き換えるのは子テーマ

ALPHAの管理画面で、「外観→テーマ編集」と進むと、
ファイルが2つしかない画面が出てきます。


賢威なんかだと、ズラ~っとたくさんファイルが並ぶんですが、
ALPHAは2つです。


一瞬「あれ?」と思いますが、これは子テーマだからです。
cssの場合は、style.cssに追加していくことになります。


もしくは、外観→カスタマイズの


「追加CSS」という部分にCSSを追加していきます。


この「追加CSS」は、ALPHAに限らずどのテンプレートにもあります。
賢威なんかも、時々バージョンアップされて、テンプレートが上書きされる場合がありますので、
追加のCSSはここに書いておくと、のちのち便利です。


その他のALPHAの基本的なカスタマイズ方法

その他のやり方については、ALPHAの「ご利用マニュアル」を参照してください。
めちゃくちゃ詳しく図解されています。

この記事を読んだあなたには、こちらの記事もオススメです☆

 

ららの無料レポート

無料オファー攻略レポプレゼント

ららサポート

 

最近のららのお気に入り♪画像はここからお借りしてます

 




最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
このブログを「いいな」と思ったら、
下の白いボタンを、1回クリックしてくださいね。
ららに一票入って、人気ブログランキングに飛びます
↓ ↓ ↓

ありがとうございます☆ あなたの1票が、励みになってます^^

 

この記事はいかがでしたか?
ららは、あなたのお役にたてる記事の配信を心がけています。
「こんな記事を書いてほしい」「聞いてみたいことがある」
そんな場合は、こちらからいつでもメールを送ってください。
>>ららにメールを送る

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ