WinShotで「保存に失敗しました」とエラーになる場合の解決法

WinShotの使用中に「保存に失敗しました」というエラーになることがあります。この場合の対処法についてご紹介します。 あくまでも私の体験談ですが、参考になさってください。

ららです。



私のこのブログには、
WinShotという、キャプチャソフトの使い方を調べる方が
多く訪れてくださいます。

記事をPDFにしたものも用意していて、
たくさんの方がダウンロードしてくださっています。



よくいただくご質問


私がそんな記事を書いているせいか、よく、こんなご質問をいただきます。
「エラーで保存できません。どうしてですか?」
 


私はWinShotの専門家ではないので、
エラーのパターンを全て知っているわけではありません。

それに、私のWinShotは、1度もエラーになったことがないので、
どんな状況なのか、よくわからなかったんです。

でも先日、ついに私のところでもエラーが発生しました!

そのときの原因をシェアします。
あなたのエラーも、これが原因かもしれませんよ^^



「保存に失敗しました」の原因

エラーの現象としては、
winshotでキャプチャを撮ろうとすると、このようなメッセージが出て作業が中断されちゃうってことです。



この原因は、おそらくコレです。
保存先のフォルダが存在していない



「保存先のフォルダ」というのは、
キャプチャを撮った画像ファイルをどこに保存するか?の設定です。

これは、winshotの「環境設定」の中で設定しています。
デフォルトはデスクトップになっています。



保存先のフォルダが存在しないケース

デフォルトはデスクトップなのですが、自分で既存のフォルダを指定することもできます。
そうすると、キャプチャを撮ると自動でそのフォルダに保存されるので便利です。



でも、そのフォルダを、削除もしくは移動すると、
winshotの方で認識できなくなり、冒頭のエラーになるわけです。

その場合には、存在するフォルダを指定し直せば問題は解決します。



フォルダが何も指定されていないケース

「余計なフォルダは何も作ってないんだけどな?」
そう思う時にも、この画面をチェックしてみてください。



まれに、デフォルトのデスクトップが選択されていないことがあり
それが原因でエラーが出ていることがあるからです。

そんな場合は、デスクトップを選択し直せば、問題は解決します。


この記事が役に立ったと思ったらクリックしてね。ららが喜びます。

 

 

 

こんな記事もありますよ☆ぜひ見ていってね!

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ららのブログでは、あなたからの疑問・質問・お問い合わせを大歓迎しています。 こちらからいつでもメールを送ってくださいね。

>>ららにメールを送る

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ