アドセンス審査用の記事が書けない!平凡な私でも、ためになる記事が書けるようになる方法

アドセンスを始めようと思うけれど、記事を書くのが気後れしてしまう。こんな平凡な私が、よく知らないことを書いてもいいんだろうか…。そんなお悩みをいただきました。すべての疑問を自分で解明していたら、いつまでたっても記事は書けません。まずは1記事。誰も見てないと思って書きましょう。

ららです。
 
こんなお問い合わせをいただきました。
 

Mさま(50代女性)「アドセンス審査用の記事が書けません…」


(前略)
そんなこんなでいろいろ考えてるうちに、自宅で仕事ができるアフィリエイトにかけてみようかとなった訳です。
とは言っても、ららさんのメルマガを読ませていただいても、ほとんど理解できないど素人。
 
何から初めていいのか分からないまま、パソコン購入、ネット環境整え、比較的初心者向けだというアドセンスブログにトライしようと、審査用の記事を
書き始めたのが5日ほど前。。
それが進まないのです。まとまった文章なんて書いたこともない。
 
ありきたりの内容だったら意味がないし、かといって取材に行く時間もノウハウもない。
おもしろいエピソードもない、平凡な人生の私が中身の濃い、ためになる記事なんてそうそう書けるはずない。
それも1日1記事なんて、どう考えたって無理だと。
 
みなさん、リサーチはどうされているのでしょうか。
ネットで探してリライトして自分の言葉で書いたとしても所詮はマネですよね。そんなありきたりのこと誰も読んでくれないでしょうし、かと言ってプロのライターさんのように取材旅行をする時間もお金をありません。
 
うそやいい加減なことを記事にしてはいけないと思うと、益々書けなくなってしまします。
文体をどのようにしたらいいのか。語りかけるか、説明的か、独り言風か。
 
時間だけ過ぎて、頭痛や肩こりや目の痛みで体調は悪化するわで、もう最悪です。
記事を書くときの心の持ちようとかあれば、教えていただけないでしょうか。

  

ららのお返事

そうなんですか。
最近アドセンスブログを始めたなんて、私と一緒じゃないですか!
 
私も最初の数日は、書けなくて書けなくて、唸っているだけで時間が過ぎていく毎日でしたが、
Mさんのメールを拝見して、私が今の情報アフィリのブログを始めたころのことを思い出しました。
 
私が「書けない!」と言っているのとは、また違った悩みなんですよね。
 
私の場合は、キーワードの選定ができないとか、興味のない話題だから書けないとか、そういうことなんですが、
今のMさんは、アドセンスに限らず、アフィリエイトを始めようと思ったときに、おそらく全員の人が必ず陥るお悩みなんですよね。

 

キーワードとか画像とか、そんなことじゃない。
 
記事を書く順番とか、わかりやすい書き方とか、そういうことでもない。
 

「こんな私が何を書いたって、もっとすごい人がいるんだから、
誰も読んでくれないよね。おこがましいよね。」


というお悩みなんじゃないでしょうか。

 

すご~~くよくわかりますよ。私もそうでしたから。
ジャンルは違えど、そういう意味での記事の書けなさは、死ぬほど味わってきてます(笑)

 

そういうときはですね、「誰も見てない!」と思って書くことです。

 

ブログなんて、誰でも書けるんです。
誰でも書けるのがブログの特徴なんだから、基本、何を書いたっていいんです。
 
すごいことを書く必要なんてないです。
みんなに感心される記事を書く必要は、ないです。
 
これは本当です。
最初のうちは「え~、でも~~…」と思うと思いますが、絶対に本当です(笑)

 

専門家じゃなきゃ書けないんだったら、雑誌や新聞で十分じゃないですか。
 
数えきれないほどのブログがあるんですから、
読みたくない人はさっさと次に行くし、読みたい人だけが読んでくれればいいというスタンスでいいんです。

 

それにね、
最初の3か月くらいは、検索にも載りませんから(笑)
 
これは、私のブログもMさんのブログも同じ。
最初のうちは検索にも載らない(載るかもしれないけど上位には表示されない)ので、読みに来る人もほとんどいません。
 
だから大丈夫。
慣れるまでは、好きなことを好きなように書いてみましょう。

 

アドセンスを始めたということは、何かしら教材なり塾なりのノウハウをお持ちですよね。
記事のテーマは、そのノウハウに沿って、ある程度決められると思うんです。
 
それについて書くわけなんですが、まずは少しでも書きやすいことにすると書きやすいですね。
たとえば、家事に関することとか、お子さんに関することとか。
 
自分の知ってることと、ネットで調べたことを合成して、自分で章立てして、自分の言葉で書きます。

 

このとき、
「人のマネしちゃいけない」と思いがちですが、それは違います。
 
たとえば、
「洋服についたお醤油のシミを取る方法」というテーマがあったとしますよね。
 
お醤油のシミを取る方法は、もうすでに解明されています。
解明されて、ネットに載ってます。
 
それなのに、「マネしちゃいけない」と言って
自分で1から実験してその結果を書く人はいませんよね。
(そういう記事ももちろんアリですが)
 
そういうことです。

 

オリジナルの内容を入れたいと思ったら、
自分の体験や感想といったものがオリジナルになりますので、
そういうものを入れるように考えてみましょう。
 
お掃除のやり方にしても、花火大会の情報にしても、
自分だけの情報っていうのは、体験以外にありませんので
そういう意味では、どうしても「マネ」になってしまうものなんです。
 
ただ、コピペはもちろんダメですし、
ちょっとリライトしただけも、最近はダメって言われてますね。
 
いったん頭で消化して、その知識を、Mさんの言葉でアウトプットすればOKです。

 

私もクソ真面目なタイプなので、
「人の記事の焼き直しなんてできないわ!」とか思っちゃうんですが、
1日1記事なんて、そんなこと言ってたら書けませんて(笑)
 
優等生な記事を書くことよりも、継続する方が100万倍大事です。
 

  • ウソを書く
  • 人の文章をパクる
  • 訪問者さんのことを考えていない

これはダメです。
でもそうじゃなければ、堅苦しく考えることはありません。
 
私もそういう心づもりでやってます。
とにかく書きましょう。

 

どうしても書けなかったら、
自分ちのペットのことでも、昨日食べた美味しいもののことでも、
近所のスーパーで出た新商品のことでも、日記?というような記事でもいいと思いますよ。
 
書いてるうちに慣れてきて、だんだん上手になります。
 
今、すらすら書いている人も、
最初はそうやって、あとから見たら恥ずかしい記事を書いてきたんです^^

 

あ、それから、
頭痛や肩こりもつらいですよね。
私も頭痛もちなのでよくわかります。
 
まだPCに向かうことが慣れないからですよね。
 
1日1記事書ければ理想ですが、
体調と相談しながら2日に1記事、3日に1記事でもいいと思いますよ。
 
要は、やめずにコンスタントに記事投稿できればいいんですから^^

 

アドセンスにしても、物販にしても情報アフィリにしても、
最初のうちは、記事ばっかり書いて報酬が上がらない日々が続きます。
 
そこでくじけてやめてしまったら、絶対にアフィリエイトでは稼げません。

 

もしかするとね、Mさんはそのうちにこう思うと思うんです。
 
「アドセンスは初心者にもできるって言ってたのに、こんなに大変なものだとは思わなかった。
やっぱり私には無理だわ。他のノウハウを試してみましょう。」

 

もちろん、他のノウハウを試すのは自由なんですが、
1つだけ確実なことがあります。
 
アフィリエイトをやるのであれば、記事を書くことからは逃れられません。
どのジャンルをやるにしても、今のMさんの悩みにぶつかります。
 
私は今回、実際にやってみて改めて思いました。
アドセンスは確実に初心者向きです。
 
だって、記事を書く「だけ」で収益化できるんですから。

 

私も報酬ゼロの数か月を乗り切る覚悟です。
一緒にがんばりましょう^^

 


この記事が役に立ったと思ったらクリックしてね。ららが喜びます。

 

 

 

こんな記事もありますよ☆ぜひ見ていってね!

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ららのブログでは、あなたからの疑問・質問・お問い合わせを大歓迎しています。 こちらからいつでもメールを送ってくださいね。

>>ららにメールを送る

 

 

One Response to “アドセンス審査用の記事が書けない!平凡な私でも、ためになる記事が書けるようになる方法”

  1. さくっちょ より:

    こんにちは。また訪問させていただきました
    私も同じ悩みがありました。
    「私の書いた記事なんて。。」って思うと
    そこから全く進めないんですよね。
    ららさんのアドバイスは初心者にとても励みになります
    今日も応援していきますね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ