ららです。

このようなご質問をいただきました。

文章のスキルを上げたくて、ライティングの教材を探しています。
『風花言響(かざはなこだま)』が気になっていましたが、ららさんの紹介する 『文才ゼロから始めるWeb記事執筆術』も、気になっています。
2つの商材の違いなどご存知でしょうか? 
風花言響の評判などご存知でしたら教えてください。

 

才ゼロと風花言響の違い

ありがとうございます。

ららは、風花言響という教材は存じ上げなかったのですが、実際に購入して中身を見てみました。
才ゼロと比較してどうなのか?という観点から、ららの感想をご紹介します。

ちなみに、
才ゼロ(文才ゼロから始めるWeb記事執筆術)というのはこちら
風花言響(かざはなこだま)というのはこちらです。

 

才ゼロは、2015年にねこヨーグルトさんによって発売されたライティングの教材ですが、
ブログを始めた初心者さんが必ずおちいる「記事が書けない」という悩みを、真っ向から解決した教材です。

実際のお悩みと初心者さんご本人のフィードバックを元にしているので、すごく現実的で事例も豊富。すぐに自分の文章に取り入れることができるのが特徴です。

一方、風花言響は、2018年2月に発売されたばかりの風花未来さんによるライティング教材です。
風花未来さんは、風花初芽など「風花シリーズ」の教材で有名な方でライティングを得意とされています。

その風花未来さんが2011年にメルマガで行ったライティング講座の内容を、加筆修正したものが、この風花言響になります。
全編通して風花未来さんの独特の世界観が感じられる教材です。

 

才ゼロも風花言響も、セールスページを見る限りでは同じようなことを言っています。
つまり、「記事が書けないと悩んでいる方が、楽しく記事が書けるようになる教材である」という点です。

なので、同じような内容なのかな?と思うんですが、
実は中身はまったく違います。

 

確かに、目標は同じだと思います。
「自分の想いを伝えられるような文章を書けるようになって欲しい」という目標です。

でも、解説するための視点が全く違います。

風花言響と才ゼロの違いを一言でいうと、
「具体的かどうか?」の違いです。


風花言響について

風花言響は、最初から最後まで一貫して、右脳に訴えるイメージです。

イメージ、リラックス、というキーワードが多く使われていて、どんな心持ちで書けば、読み手の心を動かす文章が書けるのか?が解説されています。

おそらく、著者の風花未来さんの今までのライティングに対する「想い」を、ひたすら書かれているのでしょう。
その「想い」に共感はするのですが、才ゼロに比べると圧倒的に具体性に欠ける印象です。

 

言い換えると、
今、文章を書けない人が、何をどうしたらいい文章を書けるようになるのか?の、
「何をどうしたら」の部分に重点を置いているのが才ゼロなのに対し、
風花言響の場合は、いい文章を書くための気持ちの持ち方を解説しているということです。

 

なので、風花未来さんのファンで、風花未来さんのような文章を書きたいと思っている方にとっては価値のあるものなんでしょうが、
今すぐブログ記事を「読みやすくしたい」「わかりやすくしたい」「スラスラかけるようになりたい」と思っている人には、向きません。

 

風花言響は全編、2011年に風花未来さんが、自身のメルマガでライティング講座を行ったときのメルマガを、加筆修正したものです。
なので、全体を通して、「有料級のメルマガ」というイメージです。

自分らしい文章を書くためのイメージトレーニングが主なので、読んだあとに「…で、私はどうしたらいいの?」となってしまう印象です。

 

じゃあそれだけなのか?というと、確かに、「ブログ文章に求められる5つの要素」「記事のタイトルをつけるときの注意点」などの具体的なノウハウにも触れられています。

でも、私が読んだ限りでは、申し訳ありませんが無料レポートレベルだと感じます。

 

たとえば、例をあげます。
相手の心に響く文章を書くための要素として「体験を語る」という項目があったとします。

この解説を、風花言響ではこんなふうにしています。

「自分の体験を伝える時には、読者もきっとこういう点が良いと感じるに違いないと思うポイントを特に強調してください。
そんなのわからない!と思いますよね。でも大丈夫です。いい見本があります。
だいぶ前にテレビショッピングで松井一代さんが○○という商品を売っていたのですが、その売り方が本当にうまかったんです」

 

「…で?」
ですよね。

いや、そこまでなんです。
せめて松井一代の売り方がどんなものであったのか?まで書いて欲しいところです。

すべてがそんな調子です。
もっと具体的な例が載っている場合もあるにはありますが、
さらっと触れるだけなので、そういう意味で「無料レポートレベル」だと感じました。

 

例えるならば、

  • 風花言響は、全編通して有料級のメルマガ記事。
  • 才ゼロは、決してメルマガなんかでは流せない、完全に有料な情報。

そのような違いがあります。

 

誤解して欲しくないのは、風花言響は、決して詐欺とかそういうのではありません。
間違ったことも書いてません。
軽い読み物として、風花未来さんのライティングに対する想いを読みたい、という場合であれば役に立ちます。

メルマガでのライティング講座だったら
毎日楽しみにするようなメルマガだったことでしょう。

でも、お金を払って教材として手に入れるのなら、どうかな…?というのが正直な印象です。

 

  • 風花未来さんのファンで、彼の文章への想いをもっと知りたい
  • 文章を書くときの気持ちの持ち方を知りたい
  • 具体的なことはいらないから、優しい言葉で語りかけて欲しい

そんなふうに思うのであれば、風花言響はおすすめです。


才ゼロについて

それに対して才ゼロは、
著者のねこヨーグルトさんの「想い」は二の次三の次で(想いだけじゃ~文章は書けません)

とにかく、実在の初心者さんのお悩みを解決するスタンスで、
実例を豊富に、今すぐ使えるコツを解説しています。

100%、読む人のために書かれているんですね。
読んでいる人が、今すぐ実践できる実例が豊富。
そこに重点を置いてます。

 

ライティングの教材というのは、過去にもいろいろありましたが、
どうしても具体性に欠けるのが欠点でした。

テクニックや考え方をとうとうと述べられても
「…で?どうしたらいいの?」というパターンがほとんどだったんです。

そこを打ち破ったのが才ゼロです。

そう言う意味で才ゼロにはおすすめする価値があります。
風花言響と比較した場合も、その点はまったく変わりません。

 

  • 記事に何を書いたらいいかわからなかったら
  • 何を書くかはわかっても、どう書いたらいいかわからなかったら
  • 毎日の記事更新が苦痛で仕方なかったら
  • 自分の記事を面白いものにして最後まで読んで欲しいと思ったら
  • 自分にしか書けない個性的な記事の書き方を知りたかったら

こんな場合でしたら、間違いなく才ゼロをおすすめします。

詳しくはこちらのページにまとめてありますのでご覧ください。
>>才ゼロ(文才ゼロから始めるWeb記事執筆術)らら流レビューと特典のご紹介


まとめ

自分の記事を良くするために

  • 例をあげて超具体的な方法を教えて欲しいと思ったら才ゼロ
  • イメージの力で文章のスキルアップをしたいと思ったら風花言響

そんな基準で選んでください。

私は、具体的でなければ行動できないと思うので才ゼロを推薦します。

 

参考になさってください。

 

才ゼロの詳細はこちら
>>才ゼロ(文才ゼロから始めるWeb記事執筆術)らら流レビューと特典のご紹介

風花言響の販売ページはこちらです
>>風花言響プレミアム2018