増えすぎたエックスサーバーのデータベースを整理する方法

エックスサーバーの場合、データベースは50個まで作れますが、あまりに増殖してしまうと、何が何やら管理しきれなくなって気持ち悪い!使ってないデータベースは削除したいけど、どれを使っているのかわからない!という場合に、データベースの中身を確認する方法をご紹介します。

ららです。
 

エックスサーバーを使っているあなた、
データベースが異常に増えちゃって困ってませんか?
 

まぁ、勝手に増殖するわけじゃないので、
自分で作った結果なんですけど^^;
 

この前、私、新しくブログを立ち上げるために、
データベースを作ろうと思ってびっくりしました。
 

だって、データベースが異常に増えていて、
どれが何に使ってるのか、さっぱりわからなかったから。
 

な~んとなく作ってるうちに
管理ができなくなっちゃうんですよね~。
 

ほら、こんなふうに。

 

データベースは50個まで作れるとはいえ、
得体の知れないデータベースがこんなにあったら、やっぱり気持ち悪いです^^;
 

使ってないデータベースは削除したいな~
と思うものの、どれが使っていないのか?さっぱりわからん!

 

エックスサーバーのデータベースの中身を確認する方法

・・・というあなたのために、
データベースの中身を確認する方法をアップしました。
 


アップ?
レポートじゃないの?
 

はい、レポートじゃないです。動画です。
4分ほどの動画ですので、よろしければご覧ください^^
(音が出ます)


 

この方法で、データベースの中身を調べれば、
いらないデータベースは削除することができますね^^
 

あ~スッキリ☆

 

 

ちなみに、動画の中でもちょっと触れてますが、
先頭の文字のことを「接頭辞」と言って、
アプリケーションごとに同じ接頭辞がついてます。
 

ワードプレスだったら、たいてい「wp_」がついてます。
自分で指定した場合なら、「wp01_」「wp02_」など。
 

ボーナスボックスの場合は「t_」
リサーチアルチザンは「ra」がついてることが多いです。


この記事が役に立ったと思ったらクリックしてね。ららが喜びます。

 

 

 

こんな記事もありますよ☆ぜひ見ていってね!

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ららのブログでは、あなたからの疑問・質問・お問い合わせを大歓迎しています。 こちらからいつでもメールを送ってくださいね。

>>ららにメールを送る

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ