ららです。


この頃のブログ運営は、ワードプレスと相場が決まっていますが、
あなたはこんなことを思ったことがありませんか?


illust_smile02
ワードプレスをインストールしたいけど・・・

  • サーバーのデータベースが足りなくなっちゃった
  • サーバーに、自動インストールの機能がない
  • ちょっと古いバージョンをインストールしたい
  • サーバーのデータベースが増えすぎて気持ち悪い

 

そんなときには、
ワードプレスを手動でインストールすればスッキリ解決します。


お悩み1:自動インストールはデータベースが増えすぎる

エックスサーバーなんかだと、
ワードプレスを自動インストールするたんびに新しいデータベースが増えていきますよね。

データベースの名前も自動でつけられるので、
意味のない名前のデータベースがうじゃうじゃ増えて、気持ち悪いんです;;

それに、ホイホイとデータベースを作っていくと、
あっという間に足りなくなっちゃいますしね。


お悩み2:自動インストールがないサーバーもある

今はほとんどのサーバーが、ワードプレスを自動でインストールする機能がついてますが、
たまについてないサーバーもあります。

コアサーバーなんかは、ついてないですよね。
安くてコスパのいいサーバーなんですけどね。


お悩み3:データベースが1個しかないプランもある

サーバーの契約の中には、データベースが1個しか使えないプランというものもあります。
安いのでね、それにしちゃった~なんて場合もあると思います。

自動インストールだと、新規のデータベースが必要になるので、
2個目以降のワードプレスが入れられない!ということになっちゃうケースもありますね。

そんな場合でも大丈夫。
手動でインストールすれば、1個のデータベースでいくつかのワードプレスをインストールすることができます。

 

というわけで、ワードプレス手動インストールを覚えておいて損はない

というわけで、これらを解決するのが、
ワードプレス「手動」インストールです。

意外と知らない人、多いみたいですよ、有名なアフィリエイターさんでも。
自動インストールが当たり前なのかな?

 

あ、それから、
サポートをしててよく直面する事例にこんなのがあります。

すでにワードプレスでブログを運営しているにもかかわらず、

「FFFTPの使い方がわかりません」
「アップロードってなんですか?」
「サーバーをどう扱っていいかわかりません」


というもの。


サーバーにファイルをアップロードしたり、そういうことができないままだと、今後まじで困ったことになりますよ。
そういうことも、手動インストールを覚えると、一緒に覚えることができて一石二鳥^^

最初は難しくて吐きそうになるかもしれませんが、
覚えておいて絶対に損はないですから。

わからなかったらららがサポートしますので、
頑張ってみてくださいね。


動画解説

まずは動画で解説します。
今日のところは、「こんなものがあるんだ」と覚えておくだけでも、役に立つと思います。


(音が出ますのでお気を付けください)


無料レポートもどうぞ

じっくり取り組みたかったら無料レポートを片手にチャレンジしてみてください。

ワードプレスを手動でインストールする方法を、誰にでもわかるレベルで図解しています。
動画も観れますので、これ1冊あれば安心ですね。