サイトマップって何?XMLってなに?

サイトマップ。よく聞くことばではありますが、正確に何のことだかご存知ですか?実はサイトマップには2つの種類があり、それぞれ別の用途で非常に大切な役割をしています。設定を忘れると、グーグルに記事を全部見てもらえない可能性もあるんですよ。その2種類をご紹介します。

ららです。



ワードプレスを立ち上げたら、導入した方がいいプラグインはいろいろありますが、
その中に、こんな2つがあります。

  • PS Auto Sitemap
  • XML Sitemap Generator

 

この両方に共通する言葉
「Sitemap(サイトマップ)」

これ、なんだかわかりますか?



私はよくわからないまま、な~んとなく設定していました。
わかってないから、別のブログでふたたび設定するときに、どうしたらいいのかわからず、悩んじゃうんです。
 

この際、理解してみようと思って、調べてみました。
 

Sitemap(サイトマップ)って何?

Sitemap(サイトマップ)というのは、
要するに、ブログの目次みたいなものです。
 

目次とは言っても、
1.訪問者さんに見てもらう目次
2.グーグルに見てもらう目次
2種類あります。

どっちも「サイトマップ」と言うんですね。
 

訪問者さん用のサイトマップ

訪問者さん用のサイトマップは、こんなの。
>>このブログの訪問者さん用サイトマップ
 

私のブログでは、
グローバルメニューから、「目次」としてリンクしてます。
※現在はグローバルメニューから外れています。ヘッダー上部からサイトマップは表示できます。
 

まさに、目次のような役割をしているので、
最初は「目次」としてリンクしたのですが、

最近は「これを目次と呼べるのかなぁ」と思っています。
 

だってね、このサイトマップは、すべての記事のタイトルが、
カテゴリ別に一覧になってるわけですが、
あなたの知りたい事って、そんなことじゃないですよね。
 

全体を見渡したいわけじゃなく、
自分に必要な記事を、素早く見つけたいわけですよね。
 

見ていただくとわかりますが、
私のブログのサイトマップは、今日現在13ページくらいあります。
 

そんなにたくさんのページから、自分の欲しい情報を見つけるなんて、
目次としてはどうかな~と思うわけです。
 

まぁ、サイトマップを目次と呼べるかどうかは別として、
訪問者さん(つまり人間)に分かる形でブログ全体を表記しているもの
1つ目の「サイトマップ」です。
 

グーグル用のサイトマップ

グーグル用のサイトマップは、こんなのです。
>>このブログの、グーグル用サイトマップ
 

グーグルっていうのは、検索エンジンにサイトを載せるために、
いつも、ロボットがネット上を巡回しています。
 

そのグーグルさんに、
「うちにはこんなブログがあって、こんなページがありますよ」
と、書類を提出しておくみたいな役目をします。
 

さきほどの、人間用のサイトマップと違って、
ロボットに分かりやすい方式で書いてあります。
 

この書類を出しておくと、グーグルさんの方で、
「こんなブログがあるのか。行ってみよう。」と思って来てくれたり、
「これだけページがあるのか。もっと見てみよう」と思って別のページも見てくれたり、します。
 

つまり、この書類を出しておかないと、
クローラー(巡回しているロボット)が来ても、
全部のページを見てくれなかったり、そもそも来てくれなかったりするわけです。
 

ということは?
 

そう。提出しておかないと損なんですね。
 

人間用のサイトマップと違って、
こっちのサイトマップは必須だと私は考えます。


あなたが一生懸命書いた記事も、
グーグルさんに発見してもらわなければ、ないも同然ですから^^

 

というわけで、長くなったので、
XMLってなに?という疑問については、
次回の記事でご紹介したいと思います。
>>サイトマップでよく見る「XML」ってなに?


この記事が役に立ったと思ったらクリックしてね。ららが喜びます。

 

 

 

こんな記事もありますよ☆ぜひ見ていってね!

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ららのブログでは、あなたからの疑問・質問・お問い合わせを大歓迎しています。 こちらからいつでもメールを送ってくださいね。

>>ららにメールを送る

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ