転送ツールでユーザープロファイルをコピー~いったい何がコピーされるの?

Windows転送ツールで、ユーザープロファイルをコピーしようとしたら、膨大な量のファイルをコピーするハメになりました。本当にそんなにたくさん必要なのか?そもそもユーザープロファイルとは何者なのか?そのあたりを調査しました。

ららです。

先日、「自分のアカウントにログインできない!」というトラブルに見舞われました。
>>詳細はこちら

このとき、
新しいアカウントに、既存アカウントの設定情報をコピーするために、
Windows転送ツールでユーザープロファイルをコピーする

という作業をやったのですが、

その「ユーザープロファイル」とやらが莫大な大きさになってしまい、
結局コピーできなかったという事件(?)がありました。
 

だって、トータルで900GBですよ?
ほぼ1TBです。

これを複製しようだなんて、最初っから無理な話だろう!ヽ(`Д´#)ノ
と、憤慨した私は、

  • 最初の設定部分だけなはずなのに、どうしてそんなに大きな量になるのか?
  • いったい何をコピーしようとしているのか?
  • もっと小さいサイズにはできないものか?

そのあたりを調査しましたのでシェアします。



 

ユーザープロファイルとはいったい何か?

転送ツールがコピーしようとしている、ユーザープロファイルとは
いったいなんなのか?

その実体が、こちらのページに書かれていました。
>>ユーザープロファイルの内容

マイドキュメントやらビデオやら音楽やら、
そんなデータもコピーしようとしてたんですねぇ。

そりゃあデカくなるわ…┐(´д`)┌
 

そんなもの、本当に必要なの?

たとえば、マイドキュメント。
本当にコピーする必要があるんでしょうか?

その答えは、デスクトップにありました。
(やってみてわかりました)

ユーザープロファイルとは、
ログインしたときの環境を設定しているファイル。

当然、デスクトップの内容もコピーされますね。

そのデスクトップには、
おそらくこんなショートカットも含まれてます。

WS009054

このワードのファイルのパスは、
古いユーザーのマイドキュメントではなく、
新しいユーザーのマイドキュメントを参照するように、コピー時に変更されます。

となると、
新しいユーザーのマイドキュメントに
このワードファイルがないと、起動しないわけです。

コピーするデータに「ダウンロード」や「マイピクチャー」が必要なのも
おそらく同様の理由でしょう。

なんだ、必要だったのね…┐(´д`)┌ 
 

それでも全部はコピーできない

マイドキュメントやらマイピクチャーやらが
必要な理由はわかりました。

でも、
現実的に900GBのデータをパソコン内でコピーすることは不可能です。

どうしたらいい?┐(´д`)┌ 

Windows転送ツールは、コピーする内容を自分で選べる

この画面では一見、アカウントの指定しかできないようですが、
実は「カスタマイズ」からファイルの内容も選択できます。

WS009044
WS009045

 

私はこの方法で、900GBを30GBまで減らすことができましたヽ(´▽`)ノ
 

また、いったん保存した内容を、
新しいアカウントにコピーする時も、ファイル内容を選択することができます。

もっとダイエットさせたい時に最適♪

私はこの方法で、30GBがさらに20GBまで減りました。
体重もこんなふうに減ってくれればなぁ…(´・ω・`)
 

必要なファイルは適宜コピーすればよろし

上記の方法で、ファイル容量のダイエットはできたものの、
必要なファイルを置いてきてしまったことは変わりません。

たとえばさきほどのショートカット。

WS009054

このショートカットは、データがないから起動しません。

これを起動させようと、
古いアカウントのマイドキュメントから
自分のマイドキュメントにコピーしようとすると、
「ファイルに触る権限がどーのこーの」というエラーになってコピーできません。

ではどうしたらいいか?

間に外部記憶装置を挟めばいいんです。

私はいつも、
外付けHDDに、主要フォルダをバックアップしていました。

そこからなら普通にコピーできます。

フォルダ全体をコピーすると大きくなりすぎるけど、
必要なファイルをピンポイントでコピーするならOKですよね。

pig_action008

もしも
・すでに古いアカウントにはログインできず
・常々バックアップも取っていない
という場合には使えない方法ですが、

そうじゃない場合は、参考になさってください^^;


この記事が役に立ったと思ったらクリックしてね。ららが喜びます。

 

 

 

こんな記事もありますよ☆ぜひ見ていってね!

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ららのブログでは、あなたからの疑問・質問・お問い合わせを大歓迎しています。 こちらからいつでもメールを送ってくださいね。

>>ららにメールを送る

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ