ららです。
 

(;´Д`) 記事に何を書けばいいのかわからない
そんなことを思ったことありませんか?

私はありますよ~。苦しいですよね~;;



「まずは30記事書いてみましょう」
「記事を書くのは基本スキルです」
「本業意識で取り組みましょう」

教材にはそんな言葉が並んでいますし、
先輩に相談しても、多分ガンバレと言われるのがオチ…。

誰にも相談できず、手が止まってしまい…。
自分には才能ないのかなって諦めそうになって…。

つらいですよね~。
逃げ出したくなりますよね~。

真面目な人ほど、そういう状況におちいりがち。

このままだと、
せっかく始めたアフィリエイトも挫折してしまうかもしれない。
 


そんなことを思った読者さまから
(・o・)ららさん。初心者の頃はどんな記事を書いていたんですか
と聞かれることがあります。

私がブログを始めたころはですね~。

「とにかく体験談を書くこと」
と先輩に教えられましたので、忠実に守ってました。
(今でも守ってます^^;)

どんなありきたりの内容でも、
自分の体験というフィルターを通すと、
とたんに生き生きしたオリジナル記事になるんです。

そんなことを意識しながら、おもに、
ブログのテンプレートのカスタマイズ記事を書いてましたね。



あとは、

  • 使ってみたフリーソフトのあれこれとか
  • 購入してみたツールの使い心地とか、

そんなものを書いてました。

つまり、
ふだんの作業の忘備録みたいな感覚でしたね。

現に今でも、
自分の記事を見返しながら、
カスタマイズをすることも、よくあります。

自分のためにも、読者さんのためにもなる記事。
一石二鳥です(笑)
 


でも、

どんな記事が人気記事になるのか?
それはまったくわからず書いてましたね~。

記事を書き続けることは一番に大切ですが、
どうせ書くなら、アクセスを集められる記事でありたくないですか?

アクセスがあるからこそ、
読んだ人の役に立つことができるんです。

アクセスアップは、常に気になりますよね~。
あなたはどうしてますか?
 


実は、
アクセスを集められるかどうかは、
早い段階でもう勝負がついています。

これ、意外と知らない人が多いです。

アクセスが集まるかどうかはね、
記事ネタを選ぶ段階で、もう決まったも同然なんです。



確かに、体験談を書くことは、
オリジナリティーを出して、記事に面白味を持たせるために必要なんですが、

まず最初に記事ネタを厳選することによって、
面白くて、かつ、アクセスを集められる記事になります。

これ、理想ですよね~(^。^)
 


では、

  • どんな記事ネタがアクセスを集められるのか?
  • その調査の仕方はどうすればいいのか?

そこでしょ?知りたいのは。



私もそうだったんですが、
ここにすべてが書いてありました。
>>才ゼロ(文才ゼロから始めるWeb記事執筆術)

言われてみれば当然なことなんですが、
必死に記事を書いている時には、意外と気付かない。

このまま知らずにいたら、損しちゃうかも?



>>才ゼロの記事をもっと読む