目標を達成できない理由

2016年も24分の1が過ぎました。今年の目標、少しずつ実行できてますか? 「意志が弱くて…」と悲観しているあなた、自分を責めないでください。 実は人間は、「目標を達成したいくない」という思いもあるんだそうですよ。 私が今年一発目に読んだ本をご紹介します。

ららです。



2016年最初の記事なのですが、
なんともう、半月が過ぎてしまったんですね~。

「ヤバい~もう1月中旬じゃん~」
とアセっているのは私だけでしょうか?(笑)



(・o・) 今年こそは〇〇するぞ!
と決意したこと、ちゃんとやれてますか?

こういう決意って、
たいてい3日坊主になる
相場が決まっているのは、なぜでしょうね。

■三が日が終わったらやろう
■冬休みが終わったらやろう
■この連休が終わったらやろう

…と思っている間に、
すぐ2月や3月になっちゃうんですよね~^^;



illust_hpbld008ね。そうじゃないですか?

え?そこまでひどくないって?
でもだいたいそんなもんでしょ(笑)



私はね、
年が明けてから、本を2冊読みました。

そしたら、そのうちの1冊に、
目標を達成できない理由が書いてありました。



何かをしなければいけないのに、
それができない理由っていろいろありますよね。

仕事が忙しいとか、
子供の具合が悪いとか、
義父母に用を頼まれて時間がないとか。

まあ色々あるわけです。

そしてこの「理由」は、当然、「できない理由」です。

「理由」があって「結果」があります。



…と、誰もが思っています。

でもそうじゃないらしいんです。

出来ない理由があるから出来ないのではなく、
やりたくないから、理由を探しているんだそうです。

なんでやりたくないのかって?

それはね、
やらないことでメリットがあるからです。



illust4196thumb

え~
メリットなんて、あるわけないじゃん~



と、思いますよね。

私も最初はそう思いました。

でもその本によると、
ちゃ~んと「やらないメリット」があるそうなんです。

たとえば、

  • 踏み出して失敗するのが怖い
  • 嫌われるのが怖い
  • 本当はやればできるという自信が欲しい

など。



どうですか?
思い当たるところ、ありますか?

目標を達成できない・変わりたいのに変われない
のは、そんな理由だったんです。



kuma-otikomi-100
厳しい言い方ですよね~^^;
確かにそうかもしれません。

ていうか、
理由が後付けなことは、
うすうす感じていたかもしれませんね。



でも大丈夫。
これは、あなたが悪いと言ってるんじゃないんです。

アドラー心理学という、れっきとした学問なんです。
人間の心や脳に関する科学です。

  • なんでそうなってしまうのか?
  • これからどうしたらいいのか?

そんなことも知りたかったら、
ぜひこの本を読んでみて下さいね。

296ページの本ですが、
対話形式なので、わかりやすく、あっという間に読めてしまいます。

2016年の目標、今年こそ実現させましょう☆




では最後に、
私の大好きな曲をご紹介します。

どんな夢でも叶える魔法。それは…。
私も同じ信条で、ここまでアフィリエイトを続けてきました。


映像がおちゃらけているので
歌詞がスッと入ってこないと思います。
歌詞がいいので歌詞を見ながら聞いてください。
>>歌詞はこちら


この記事が役に立ったと思ったらクリックしてね。ららが喜びます。

 

 

 

こんな記事もありますよ☆ぜひ見ていってね!

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ららのブログでは、あなたからの疑問・質問・お問い合わせを大歓迎しています。 こちらからいつでもメールを送ってくださいね。

>>ららにメールを送る

 

 

3 Responses to “目標を達成できない理由”

  1. marumi より:

    こんばんは。
    marumiと申します。
    「やらないメリット」そう考えるとありますね;^_^
    「嫌われる勇気」一度読んだ事がありますがまた読み返してみようと思います。
    応援していきます。

  2. ぺぽちゃん より:

    ららさん、あけましておめでとうございます。WEBライターのぺぽちゃんです(⌒▽⌒)
    読んでいて、あー、自分もそうだなと思いました。
    小さなことでも、何かを変える努力をしなければ、大きな結果は出せないですよね。
    応援クリックしますね。

  3. matumo より:

    はじめまして、ランキングからきましたmatumoと申します。

    確かに、本当にやりたいことならできない理由よりもどうすればできるのかを考えますよね。
    「嫌われる勇気」うちの書店でも売れてます^^

    応援していきますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ