データベース

データベース(MySQL)の情報をエクスポート・インポートする方法

ららです。

このページでは、エックスサーバーでデータベースの情報をこっちからあっちへコピーする方法をご紹介します。

このページで言っている「データベース」とは「MySQL」と同じ意味です。
  • データを抜き出すことを「エクスポート」
  • 抜き出した情報を格納することを「インポート」

と言います。

このページで扱っている方法は、そのデータベースが、1つのツール専用のデータベースであることが条件です。ボーナスボックスやYOROZUYAのデータ移行はこの方法でOKです。
1個のデータベースの中にいくつもブログが入っているとか、ツールが入っているような場合は対象外です。

データベースのバージョンを調べる

エックスサーバーのこのメニューを開いて

対象のデータベースのバージョンを調べます。

この場合は、バージョンは5.7ですね。
ついでに、ユーザー名(「アクセス権所有ユーザ」)も控えておいてください。あとで使います。

phpmyadminを開く

データベースを操作するのは、phpmyadminというツールを使います。
バージョンに合わせたphpmyadminをクリックして開きます。

この画面で、ユーザー名とパスワードを入力します。

このような画面が開けば成功です。

ユーザー名・パスワードの確認の仕方

ユーザー名とパスワードがわからないとphpmyadminを開くことはできません。

先ほど見た画面で、ユーザー名(「アクセス権所有ユーザ」)はわかります。
パスワードは、あなたがユーザー名を作ったときに設定したパスワードなのですが、忘れてしまった場合は変更ができます。

ボーナスボックス移行の場合は、データベース特定の手順の中で調べることができます。

データをエクスポートする

まずは、データベースの中の情報を抜き出す方法です。

データベースを選択する

データを抜き出したい対象のデータベース名を、左のこのツリーの中から選んでクリックします。

エクスポートする

右側がこのような表示になるので、エクスポートのタブをクリック。

次にあらわれた画面はデフォルトの設定のまま「実行」をクリックします。

ファイルを保存する

わかりやすいようにデスクトップに保存します。このファイルは、インポート後は不要になります。

デスクトップにファイルが保存されました。

データをインポートする

次に、抜き出したデータを別のデータベースに格納します。

データベースを選択する

データを格納したい対象のデータベース名を、左のこのツリーの中から選んでクリックします。

インポートする

右側でインポートをクリックすると、このような画面になります。

先ほどデスクトップに保存したファイルを選択します。

オプションはデフォルトのまま実行をクリック。

この例は、ボーナスボックスのデータ移行ですが、エラーが出ても成功しています。
YOROZUYAも同様です。エラーは出ますが成功しています。

phpmyadminを終了

そのまま×ボタンでウィンドウを閉じてもOKですし、
画面左上のここをクリックしても終了します。

この画面が出たらキャンセルして終了してください。

ツールで確認する

移行が無事に完了したか、ツールを起動して確認しましょう。

以上でデータベースのエクスポート・インポートは終了です。
おつかれさまでした。

ABOUT ME
らら
らら
ららです。2人の子供がいる40代の主婦です。コツコツとアフィリエイトにチャレンジし、月6桁の目標を達成することができました。このブログでは、同じ目標を持つあなたに、ららの知識やアドバイスをお伝えしています。お問い合わせはいつでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
無料レポートが書けなくてもメルマガを始める方法
HAPPYな仕組みダウンロード

「メルマガを始めてみたいけど読者を集めるの大変そう…」
そんなあなたへ。努力しなくっても読者さんが集まる、目からウロコの方法を伝授します(無料です)。

>>レポートをダウンロード!

メールはお気軽に

ららにメールあなたからのメールはいつでも大歓迎です。
お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。
48時間以内に愛をこめてお返事をさせていただいています。

 

ららにメールする

この記事で使われているイラストは…

この記事で使用されているイラストの大部分は、こちらのイラスト集のものを使用しております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です