ららです。


ららが実践している外注化教材「外注マスタープログラム」ですが、
このたび、サポートをLINEで行うと発表がありました。


これは画期的ですよね。

だって、ららもサポートやコンサルをやっているのでわかりますが、
LINEだと既読もついちゃうし、今まで以上に気軽に質問が来るので
すごく大変になっちゃうじゃないですか。


それでも「もっと気軽にサポートを利用して欲しい!」という
販売者さんの熱い思いでこうなったらしいです。



無料サポートですよ?

まぁ確かに教材は購入してるんですが、
販売者さんて、教材の代金が丸々自分のものになるわけじゃないですから(笑)

私たちみたいなアフィリエイターに紹介料を支払って、ASPにも手数料を支払って、
そうするともう、ほとんど残らないと噂に聞いてます。


それなのにさらに、LINEでのサポートまで始めちゃう。
ここまでしてくださるとは、正直私も思いませんでした。



最初っからそうだったわけじゃないんですよ。

つい6月頭に発売が開始されたばかりなので、まだ半月なんですが、
「メールサポートを受ける人が少ない!」と感じたんだそうです。

「もっとサポートを利用してガンガン外注化して稼いで欲しいのに!」
ということらしく…。


そこで、急きょ、もっとサポートを利用して欲しくて
LINEによるサポートを導入。

そうしたら案の定、
質問の量が5倍になったそうですよ。

┐(´д`)┌ ほらやっぱり増えちゃった…。


どんだけ購入者さん思いなんでしょうね。

そこまでしなくても誰も文句は言わないのに…。
ただですら、12ヶ月という前代未聞のサポート期間を設けているのに…。

「購入者さんに稼いで欲しい!」
という気持ちがひしひしと伝わってきますよね~。


こういうところですよね~。

これ見よがしにアピールするんじゃなく、
意外と誰も気付かない地味なところでアツい気持ちを表すというね。



ららもさっそくLINEに登録して質問をしてみましたが、
すぐに既読がついて、販売者さん直々にお返事が来ましたよ。


やってみるとわかるんですけど、
LINEだと、返信が来たちょうどその時にスマホを見ていれば、
ささっと入力すれば1往復か2往復のチャットが可能なんですよね。


この価値は大きいです。

メールだと、行って帰って丸1日。
次のちょっとした質問をするのにまた1日…となりますが、

LINEだとささっと2往復くらい済んでしまう。
(その時によりますが)



LINEが便利なことは誰もがわかってますが、
それをやる勇気が、サポートする側にないだけなんです(笑)

それを迷わずやってしまうその心意気に
あらためて、この教材の素晴らしさを感じました。

「売れればいい」という考え方の教材もある中、
私たちが本当に欲しいのは、
購入者のことをちゃんと考えてくれてる教材じゃないですか。


先行販売のときにもね、
本当はもうちょっと高い価格をつける予定だったのを

「外注費に回して欲しいから」
という理由で、だいぶ下げられたんですよ。

おそらく今の価格も、当初の予定よりはだいぶ低いと思います。



もちろん、必要ない方には必要のないものですが、

もしも外注化を考えた時には、
こういう購入者想いの教材を手にするようにしてくださいね。