ネットビジネス税金対策ストラテジー「NTS(ネッツ)」 せどりなど転売の人にも役立つ?

ネットビジネス税金対策ストラテジー「NTS(ネッツ)」について、「転売での確定申告についても説明がありますか?」というお問い合わせを時々いただきます。ネットビジネス税金対策ストラテジー「NTS(ネッツ)」は、アフィリエイターに特化した教材ですが、転売の場合はどの程度役に立つのか?私の考えをお伝えします。

ららです。

  

『ネットビジネス税金対策ストラテジー(NTS:ネッツ)』について
時々こんなお問い合わせをいただきます。

 




「転売での確定申告についても説明がありますか?」


「せどりなどの物販にも有益でしょうか?」





そうですよね。
ネットビジネス税金対策ストラテジー」ですもんね。
転売だってネットビジネスです。

疑問に思っている方が多いと思いますので、
教材の中身を見た上での私の考えをお伝えします。

※教材名は以下、「NTS」と略させていただきますね。

  

ネットビジネス税金対策ストラテジー「NTS(ネッツ)」には、転売について書かれているか?

まず、NTSはアフィリエイターに特化した教材という位置づけになります。

その上で、
転売について書かれているか?というと、2つの答えがあります。

  

1.どちらもフリーランスである点は共通

転売もアフィリエイトもフリーランスであることには変わりありません。
フリーランスとは、給与収入ではないという意味です。

そして、給与収入の方とフリーランスの方では、税金の考え方がまったく違います。

    • いくら稼いだら税金がかかってくるのか?
    • いくら稼いだら扶養ではいられないのか?
    • 会社に副業がバレないためにはどうしたらいいのか?

など、
必ず押さえておかなければいけない知識です。

 

あとは、一般的な税金の知識や、一般的な青色申告の知識、必要な書類など。
これは、アフィリエイトだから云々…という話ではないので、
転売をやってらっしゃる方のケースでも、じゅうぶんあてはまります。

  

2.具体的な話は別

一方、経費の話や、具体的なQ&Aなどでは、アフィリエイターを前提とした例しか出てきません。

たとえば、「どんなものが経費になるのか?」という話では、
「業務に関係あるものが経費だよ」という大きな答えは転売も共通でしょうけれど、

「たとえば、こんなものが経費になるよ」
「こんな経費は、こういう費目を使おうね」
という話になると、

アフィリエイトを前提とした例しか出てこないので、「じゃあ自分の場合は??」と疑問になると思います。

 

特に、転売の場合は在庫を持ちますよね。
アフィリエイターに在庫はありませんので、在庫という概念は出てきません。

 

また、「アフィリエイターの税金に関するQ&A集」というマニュアルがあり、
これは、生のお悩みが山ほど載っていて、とってもためになるのですが、
これも、アフィリエイターの悩みしか掲載されていません。

 

フォーラムに関しても同様です。

そもそも「アフィリエイターに特化した教材」と銘打っているので、
フォーラムに書き込むのもアフィリエイターが多数。

転売をやっている人のケースは、あったとしても少ないと思います。

※2017.01.31現在、「転売」で検索したところ、ヒットはゼロ件でした。

  

ららの判断

1と2、両方の側面がありますが、最終的に私が判断するとしたら、
転売をされている方には、
「ネットビジネス税金対策ストラテジー」はおすすめしない

とういうことになります。

 

確かに役立つところはあるんですが、
やはり、アフィリエイターを前提にしている以上、
常に「自分の場合はどうなのか?」という疑問を持ちながら読むことになると思うからです。

また、フォーラムやQ&A集といった、生のお悩み解決がNTSのキモであるのに
転売の例はほとんどなく、NTSの良さを享受しきれないからです。

  

「じゃあどうしたらいいの?」と思われると思います。

私が思うには、
同じ転売をしている方と、懇親会などを通じてプライベートで仲良くなり、
情報交換をするのがいいんじゃないかな~と思います。

もしくは、転売と税金、両方に詳しい方が、情報発信をしてくださればいいですね。

  

どうぞ参考になさってください。

>>ネットビジネス税金対策ストラテジー「NTS(ネッツ)」の詳細はこちら


この記事が役に立ったと思ったらクリックしてね。ららが喜びます。

 

 

 

こんな記事もありますよ☆ぜひ見ていってね!

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


ららのブログでは、あなたからの疑問・質問・お問い合わせを大歓迎しています。 こちらからいつでもメールを送ってくださいね。

>>ららにメールを送る

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ