ららです。


アドセンスのアカウントは、一度合格してしまえば、どんなブログにも広告は貼り放題で便利だったんですが、
いつの間にか、ブログごとに審査が必要になってしまいましたね。

ちょっと前にググって調べたところによると、
「2018年の秋より前にアカウント審査に通っている人は、新規のブログも審査はない」
という情報を得て安心していたんですが、

どうやらそんなウマい話はなかったらしく、
みごとに私の新規のブログには、アドセンスのコードは貼れるものの、広告はまったく表示されず、審査を余儀なくされました…orz


そんなわけで、
私が新規ブログを2つ、アドセンス審査に出した体験談をシェアいたしますね。
片方合格、片方不合格なので、ちょっと面白いネタになったと思います。
これから審査に出す方の参考になれば幸いです^^

新規ブログをアドセンス審査に出す方法

アドセンスのサイトに行き、「サイト」をクリック


サイトを追加


URLを入力


コードをコピーしてhead内に貼り付けます。
貼り付け方はテンプレートによって異なりますので割愛します。


このように、ステータスが審査中になって審査が開始されます。

審査に合格したブログの特徴

私が最初に審査に出したのは、某雑記ブログでした。

某雑記ブログの特徴
  • テーマは衣食住に関するもの
  • 記事は外注さんの記事
  • 文字数は1500文字以上
  • 運営者情報、お問い合わせフォームなどの固定ページはあり。
  • アフィリリンクはなし

驚くべき記事数

実はこのブログを審査に出したとき、審査に出さなきゃいけないことを知らなかったので、ただ単にサイト登録だけをするつもりでURLを入力したので、その時の記事数はなんと2記事でした(笑)

┐(´д`)┌ あ~あ、やっちまったよ~
と愕然としたことを今でも覚えています(笑)

「まぁ落ちたら落ちたで1つネタになるな」と思い、諦めて結果を待つことにしました。

アドセンスでサイトを登録すると、
「この審査はたいてい1日未満で終了しますが、まれに14日くらいかかります」
と言うようなメッセージが出ます。

私のそのブログは、その後も1日1記事を投稿し続けたのですが、
待てど暮らせど結果は出ません。

「やっぱりダメだったのかな~」と諦めた頃、グーグルからメールが届きました。
最初の申請からは10日ほどがたっていて、ブログ記事は12記事ほどになった頃でした。

審査に落ちたブログの特徴

記事数2記事で審査に合格した私は、完全に審査を舐め切っていました。

(・∀・) 厳しいのは最初の審査だけで、2ブログ目からは大甘なんだ~

そう思った私は、次のブログを審査に出すことにしました。
こちらは某特化ブログです。

特化ブログは雑記ブログよりも有利と聞いていましたので、もう完全に合格はもらったと思っていたんです。

某特化ブログの特徴
  • テーマは某ペットに関するもの
  • 記事は実際にそのペットを飼っていて愛している外注さんのオリジナル記事
  • 文字数は1500文字以上
  • 運営者情報、お問い合わせフォームなどの固定ページはあり。
  • アフィリリンクはなし
  • 記事数は8記事

なななんと速攻で不合格

今度は数時間で結果が出ました。


慌ててアドセンスのサイトを見てみると、このような表示がありました。


このブログの記事は、外注さんが書いたものとは言え、完全なオリジナルなので、
要するに、記事数が足りなかったということでしょうか。

甘く見た私が間違ってました…orz

記事数が20記事くらいになったらまた審査に出してみようと思っています。

※その後の審査の結果はこちらの記事でご紹介してます。

2ブログを審査に出してみての考察

どこからどう見ても、最初の雑記ブログの方が「コンテンツ不足」だったにもかかわらず、雑記は合格して比較的記事が多かった特化は不合格。正直納得はいきません。

でもまぁそんなことを言っていても始まらないので、特化ブログの方は記事数を増やしてまたチャレンジします。

私の感覚だけで言うと、
この2つのブログ、チェックする人が違ったのかな~という印象です。
たまたま片方が甘かった。もしくはたまたま片方が厳しかった。そういう違いじゃないかと感じました。
(そもそも人が見ているのかどうかも知りませんが^^;)

今のところはまだ
(・∀・) ラッキーなこともあるけど、やっぱり甘くない
としか言えませんが、今後もまた審査に出していって、情報をシェアしていきたいと思っています。