メルマガバックナンバー

ブログ記事を書くのが苦痛!外注以外の意外な方法とは?

こんばんは。ららです。

 

4周年記念のバージョンアップということで、
ここのところずっとご紹介してきた「FAAP」ですが
思った以上に多くの方にご購入いただきました。

ありがとうございました。

特典の請求がまだの場合は
お時間を見つけて請求してくださいね。
方法がわからなければご連絡ください。

サポートは24時間受け付けていますので、
特典を請求すればすぐに利用していただけます。

ららのサポートは、
昨今では珍しい【無期限】ですのでね、
ぜひ使い倒していただきたいと思ってます^^

アドセンス初心者さんによくあるお悩みとは?

さてさて。

今はアドセンスブームで
アドセンスを実践している方が非常に多いわけですが、

アドセンスをやっている方からのご相談で、
一番多いものって何だかわかりますか?

たぶんこれ、全国共通じゃ~ないでしょうか。

ちょっと考えてみてください。
あなただったらどんな相談を送りますか?

 

・・・

 

・・

 

 

はい、考えましたか?

アドセンスをやっている方からのご相談で
一番多いご相談というのは、

┐(´д`)┌ 『記事が書けなくて困っています』

という種類のご相談です。

「記事の更新ががつらくてつらくて…」
「ネタは決まったのに、どう書いていいかわからくて…」
「毎日更新したいのに、何を書いたらいいか…」
「とりあえず書いてみたけど、全然面白くなくって…」
「記事をアップしたのにアクセスがなくって…」

↑こういうのもすべて含まれてます。

 

ん~、
まぁ確かにそうですよね。

面白い記事がスラスラ書けたら、
何の苦労もないわけですもんね。

それができないから、みんな悩んでるんです。

逆に、面白い記事がスラスラ書けたら
確実に今とは景色が変わるんでしょうにね。

「アドセンスは初心者でもできるって聞いて始めたのに、
全然初心者向きじゃないじゃないか~!」

ヾ(`Д´#)ノ ムキーッ!

…という声も聞こえてきたりします。

悩みの解決法は教材には載ってない

うん、わかりますよ~。

アドセンスの教材はいろいろありますが、
「キーワード選定」や「タイトルのつけ方」なんかは
解説してくれているもの、

じゃあ肝心の記事をどうやって書いたらいいかを
解説してる教材は、意外とないですもんね。

そりゃ~、
まったく解説してないわけじゃないですよ。

「最初は前書きで、見出しが〇個で、最後はまとめで…」とか
「誰に向けて書くかを考えましょう~」とか

できる範囲で解説はされているわけですが、

「じゃあ具体的に、最初は何を書くの?」
「文章の語尾が単調になるのは、どうしたらいいの?」
「文章が下手くそな場合はどう改善したらいいの?」

↑のような、具体的な例は、ほとんどないのが現状です。

これは別に教材が悪いって言ってるわけじゃなく、
全体の紙面の関係もあるでしょうし、
第一、記事の書き方なんて、大変過ぎて説明できないですしね。

必死に自己流でやっても挫折しそうになる

しょうがないから
自己流で頑張って書いてみても、

「毎回時間がかかりすぎて苦痛!」
「文章が下手くそ過ぎてイヤになる!」
「どうしても短い文章しか書けない!」
となり、

ライティング教材とか買ってみても、
いまいちピンとこなくって

┐(´д`)┌ あ~あ、結局センスがないからダメなのかな
となって、

せっかくワードプレスを立ち上げたのに、
たった10記事ほどを入れた状態で、
ブログが放置されるケースがあとを絶ちません;;

ね。

もしかして、あなたもそうじゃないですか?

記事が書けない。でも外注もしたくない!

確かにここで「外注」という選択肢もあります。

でも、外注することに抵抗がある人は少なくありません。

「そもそも自分に外注さんの記事の良し悪しはわからないでしょ」
「稼げる前から外注費を使うのは、怖くてできないよ」
「やっぱりまずは自分で書けるようにならなくちゃ!」

ん~、なるほど。
それも一理ありますね。

 

て~ことは~、

(・∀・)b 確かに文章は下手くそだけどサ、
      でも外注はカネがかかるから嫌なんだよね。
       だけどさ、やっぱり稼ぎたいから何とかしてよ!

↑ということですね。

そんなわがままな要望、叶うんでしょうかね??

文章の「センス」とやらはどうしたら身に着くのか?

ん~…。

となると…。

どこでその「センス」とやらを身に着けたらいいのか??

↑という問題になるわけですが、

センスってそもそも何なんでしょうね。

 

小学校の時に、作文が上手で
先生にいつも褒められる子っていましたけど、

たぶんそういう子は、生まれつきなんでしょうし、
「幼児教育は6才までに決まる」なんて言われているので、
今さら私たちは挽回できないですしね。

そういう一握りの人間しか、
人を惹きつけるブログ記事は書けないんでしょうか??

作文が苦手だった人間は、
ブログで稼ぐことはもう無理なんでしょうか??

今すぐPCは処分して、
コンビニのバイトの面接に行った方がいいんでしょうか??

(;∀;)(;∀;)(;∀;)

実は今からでも文章はうまくなる!

実はね。

これには答えがあります。

作文の上手さとブログ記事の上手さは関係ありません。

学校の作文の書き方と、ブログの記事の書き方は、
全然違うんです。

だから、
6歳までの幼児教育に失敗しても、
今から勉強すれば、ぜ~~~んぜん間に合うんです。

でね、

センスもなくても大丈夫なんです。

大事なことだからもう1回言っちゃいますよ?

ブログ記事の上達には、センスも才能もいらないんです。

そりゃ~もちろん、
センスがあれば、なお良しではありますが、
センスがなくても、それをカバーできる方法があるんです。

あなたの記事がイマイチなのにはちゃんと理由がある

なんでそんなことがわかるのかって?

(-o-)y-~~ テキトーなことを言うんじゃね~!
って思ってます?(笑)

私がそんなこと言う理由。

それは、
ヤフーで記事を執筆していたこともある、
プロのライターさんに話を聞いたからです。

彼も、その仕事に就くまでは文章が苦手で苦手で、
初めて記事を書いた時には、
たった300文字しか書けなかったらしいですよ。

でも今や、ブログに記事を書かせたら
右に出るものはいないと言っても過言ではないほどの実力。

ファンも稼ぎもガンガン増やしてます。

 

その彼が言うには、

稼げるブログ記事を書くためには、

  • 国語の成績も
  • 素敵な文章を書くセンスも
  • 6歳までの幼児教育も

↑これらはぜ~~んぶ必要なくって、

  • わかりやすい記事を書くコツ
  • スラスラ記事が書けるパターン
  • 思わず読者が買ってくれる方法

↑こういう、すでに決まったものがあって、
それを知るだけで、文章が劇的に変わるんだそうです。

もちろん練習は必要ですよ?

才能もセンスもないならば、
努力は惜しんじゃ~いけません(笑)

でもでも、

あなたが今、記事が書けないのは、
あなたにセンスや才能がないからではなくって、
稼いでる人が知ってることを知らないだけ、なんです。

学校では教えてくれないことですからね。

しょうがないです。

 

「パソコンを立ち上げるって言うのは、
自分が椅子から立ち上がることを言うんじゃなくって
パソコンの電源を入れることなんですよ?」

↑と、誰かが教えてくれるまでは
いつまでも鈴木さんちのお爺さんは立ち上がり続けますし、

「マウスを当てるっていうのは、
ディスプレイに直接マウスをくっつけるんじゃなく、
カーソルをその場所に動かすことなんですよ?」

↑と、誰かが教えてくれるまでは、
いつまでも佐藤さんちのお婆さんはマウスを当て続けます(両方実話です)。

知らないんだからしょうがないんです。

そういうことです。

 

どうですか?

諦めなくていいんですよ?

今あなたが知らないことを知るだけで、
あなたの文章は急成長できます。

これはちょっと嬉しいお知らせですよね^^

上手な記事を書くには具体的に何をしたらいいのか?

「じゃあ具体的にどうしたらいいの?」
もちろんそう思いますよね。

彼も実は、
あなたのように記事が書けない初心者さんのために
何かできないか、考えていたらしいんです。

で、その答えを、みっちり1年かけてまとめてくれています。

それについては、次回の記事でご紹介しようと思いますので、
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

next:

ブログ記事の更新が苦痛!つらい記事書きが楽になる方法とは?こんばんは。ららです。 前回の記事で、 「稼げるブログ記事を書くコツを教えてくれる人がいる」というお話をしまして、 ...

 

ABOUT ME
らら
らら
ららです。2人の子供がいる40代の主婦です。コツコツとアフィリエイトにチャレンジし、月6桁の目標を達成することができました。このブログでは、同じ目標を持つあなたに、ららの知識やアドバイスをお伝えしています。お問い合わせはいつでも受け付けていますのでお気軽にどうぞ。
無料レポートが書けなくてもメルマガを始める方法
HAPPYな仕組みダウンロード

「メルマガを始めてみたいけど読者を集めるの大変そう…」
そんなあなたへ。努力しなくっても読者さんが集まる、目からウロコの方法を伝授します(無料です)。

>>レポートをダウンロード!

メールはお気軽に

ららにメールあなたからのメールはいつでも大歓迎です。
お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。
48時間以内に愛をこめてお返事をさせていただいています。

 

ららにメールする

この記事で使われているイラストは…

この記事で使用されているイラストの大部分は、こちらのイラスト集のものを使用しております。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。